2021 Gartner® Magic Quadrant™ for Multiexperience Development Platforms (MXDP)

顧客や従業員が求めるデジタルエクスペリエンスを構築

Get Your Copy

form is being loaded...

2020年に世界中で大幅にオンライン化が進んだことで、優れたデジタルカスタマーエクスペリエンスを構築することが、企業が2021年以降を生き残るうえで不可欠となりました。 

3分の2以上の企業が主にカスタマーエクスペリエンス(CX)面で競争している中で、凡庸なエクスペリエンスを提供していては競合他社の製品やサービスに顧客を奪われてしまいます。モバイルアプリやレスポンシブWebアプリ、チャットボット、音声アプリは、昨今のデジタル環境において求められるインタラクションを強化することができます。

最新の「Gartner Magic Quadrant for MXDP」をお読みいただくと、インタラクション全体で次世代のデジタルエクスペリエンスを構築するために必要となるツールやテクノロジーを提供しているベンダーを把握することができます。

このGartner Magic Quadrantでは、次のような点をご確認いただけます。

  • 複雑さを軽減して複数のタッチポイントでの高速マルチエクスペリエンス開発を可能にする、統合的かつ一体的な開発アプローチを提供するベンダー
  • ミッションクリティカルなB2C/B2Bアプリケーションから、従業員向けアプリケーションやコアシステムまで、幅広いユースケースに対応可能なプラットフォーム
  • 多彩なMXDPのユースケースに対応できる優位性を備え、確固とした製品ビジョンとマルチエクスペリエンス開発へのコミットメントを自社プラットフォームで示しているリーダー企業

1Gartner「Magic Quadrant for Multiexperience Development Platforms」Arun Batchu、Adrian Leow、Jim Scheibmeir(2021年7月26日)

免責事項
ここで使用されている図は調査ドキュメントの一部としてGartnerによって公表されたものであり 、ドキュメント全体のコンテキストにおいて評価されるべきものです 。本ドキュメントは OutSystemsを通じて入手可能です。
Gartnerは、Gartnerの出版物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高の評価や指定を受けたベンダーのみを選択するようユーザーに助言するものではありません。Gartnerの出版物は、同社の調査機関の見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。Gartnerは、明示または黙示を問わず、本調査の商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。
GartnerおよびMagic Quadrantは、米国およびその他の国におけるGartner, Inc.および/またはその関連会社の登録商標であり、許可を得てここで使用されています。All rights reserved