Gartner Magic Quadrant for Multiexperience Development Platforms, 2019

顧客が求める新たなモバイルエクスペリエンス

レポートを入手

form is being loaded...

OutSystemsがGartner Magic Quadrantのリーダーに選出

Gartnerの最新レポートでは、マルチエクスペリエンスの構築がアプリケーション開発の新機軸であることが明らかになりました。顧客は、使用しているアプリにチャットや音声アシスタント、仮想現実、拡張現実などの機能を期待するようになっています。それでは、組織はどのようにアプリケーション開発戦略を立てればよいでしょうか。Gartnerは、その答えとなるのがマルチエクスペリエンス開発プラットフォーム(MXDP)であると述べています。

Gartnerによると、MXDPによって「プログレッシブWebアプリ(PWA)や対話型アプリ(音声アシスタント、チャットボット)、イマーシブアプリ、ウェアラブルアプリの開発」が可能になります。Gartnerは、マルチエクスペリエンスをアプリ開発の中心に据えるためにMXDPに必要となる10個の重要な機能を挙げています。Gartner Magic Quadrant for Multiexperience Development Platforms, 2019では、どのベンダーがこれらの機能を提供しているのかをご確認いただけます。本レポートでは、ユーザーレビューなど10個の項目に基づいて市場から主要なベンダーを選択し、評価しています。

Gartner MXDP Magic Quadrantの要点

今回評価対象となった80社のベンダーのうち、レポートに掲載されているのは13社です。本レポートでは、エンドツーエンドの次世代のマルチエクスペリエンスの構築に必要なものをすべて提供し、顧客から高い評価を獲得しているベンダーを紹介しています。また、以下の内容をご確認いただけます。

  • マルチエクスペリエンスのアプリケーション開発において最も包括的なソリューションを提供するプラットフォーム
  • プラットフォームが次世代のエクスペリエンスの活用を促進する方法
  • すでにマルチエクスペリエンスを構築している顧客に選ばれているプラットフォーム
  • OutSystemsがこの新しい市場カテゴリでリーダーに位置付けられた理由

免責事項
上の図は調査ドキュメントの一部としてガートナー社によって公表されたものであり 、ドキュメント全体のコンテキストにおいて評価されるべきものです 。ガートナーのこのドキュメントは OutSystemsを通じて入手可能です。
ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高のレーティング又はその他の評価を得たベンダーのみを選択するようテクノロジの利用者に助言するものではありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。