The Speed of Change - 製造業編

苦境を乗り越えるためのアプリケーション開発の優先事項
製造業編 2020

登録フォーム

form is being loaded...

共同提供:   

コロナ禍によるディスラプションが世界経済に多大な影響を及ぼしています。生産は翻弄され、サプライチェーンは乱れ、経済的な支障も当面続くものと見られます。製造業は特に打撃を受けています。

Deloitteの調査からは、この業界のリーダーになるにはディスラプションを乗り越えるための戦略や運用を再考し、レジリエンスを高める必要があることがわかります。前進の鍵となるのは、総合的なデジタル戦略を策定することです。今こそデジタル化に向けて大胆な決断を行い、後れを取とることを防がらないようにする必要がありますなければなりません。

そこで役立つのが、アプリケーション開発の現状に関するOutSystemsの調査です。今年の春、まさにパンデミックが始まった頃に、OutSystemsでは2,200人のITプロフェッショナルを対象としたアンケートを行いました。内容は、組織がどの程度迅速に変化に対応できているか、対応の妨げとなっているアプリ開発の課題は何か、変化への対応がしやすい(またはしにくい)理由は何かなどです。OutSystemsは今春、まさにパンデミックが始まった頃に、2,200名のITプロフェッショナルを対象にアンケート調査を実施しました。この調査では、各組織が変化にどの程度迅速に対応できているのか、足かせとなっているアプリケーション開発の課題は何か、変化への対応力が高い(または低い)要因は何かといったトピックを扱いました。今回、メーカーから得られた回答を分析して、OutSystemsの見解とDeloitteのインサイトを新たに盛り込んだ「The Speed of Change: 苦境を乗り越えるためのアプリケーション開発の優先事項 ー 製造業編 2020」を作成しました。

レポートをダウンロードすると、メーカーがいかにデジタル化の優先事項を切り替え、開発担当者の新規採用という課題に取り組みながら、アプリケーションに対する継続的に高い要求に対応しているかをご覧いただけます。アプリケーション開発を高速化し、成果を上げているメーカーを把握できるだけでなく、スピードと適応力において他社をリードするために採用すべきアプローチやテクノロジーを確認することができます。