AI対応アプリの構築

AIや機械学習は、数年前までは実現不可能だった新たな製品やサービスを生み出し、コストの削減や効率の向上に寄与するだけでなく、新たな収入源にもなっています。 

AIによるアプリケーションの強化は、主に以下の3つの点で行うことができます。

  • 認知サービス: インテリジェントアルゴリズムによって、エンドユーザーを認知して対話できるようになり、アプリケーションのレベルを高めることができます。認知サービスは非構造化データに基づいて実行され、通常の開発アルゴリズムでは解決できないビジネス上の問題にソリューションを提供します。 
  • 機械学習: 機械学習を既存のデータと組み合わせて使用することで予測機能を提供し、ビジネスプロセスにおける意思決定を自動化したり、アプリケーションロジックを向上させることができます。事前定義されたユースケース向けに構築したモデルである認知サービスとは異なり、カスタム機械学習モデルではビジネスデータを用いたトレーニングやテストが必要となります。 
  • 対話型エクスペリエンス: 自然な言葉を使用したユーザーとのインタラクションを可能にすることで、アプリケーションへのエンゲージメントを高めます。マルチチャネルでのチャットや音声インターフェイスのほか、デバイス内蔵の音声アシスタント連携も利用できます。