「超高速」の具体的な速さ

目次

  1. 開発が6倍または600%速くなったとの評価
  2. 速さの理由

開発スピードという課題には、大きな疑問が伴います。ローコードアプリケーション開発で、チームはアプリケーション開発とデリバリーの時間をどれだけ短縮できるのでしょうか。RubyとReactは開発スピードを6~10倍加速できるとうたっていますが、アプリの構築、バージョン管理、コードブランチの統合などは引き続き行う必要があります。OutSystemsも開発を加速させるという点では同じですが、その他のアプリ開発プロセスも同時に加速できるという点が異なります。OutSystemsの高速性の理由は、その特有のアプローチにあります。

開発が6倍または600%速くなったとの評価


TechValidateは、OutSystemsユーザー200社を対象とした調査で、一般的なアプリケーションの場合、デリバリーまでの時間をどの程度短縮できたかを尋ねました。その結果、44%の回答者が少なくとも6倍加速していると答えました。つまりOutSystemsを使用した場合、使用しない場合より600%速くアプリケーションを開発、デプロイ、管理、そして変更できるということになります。

また、25%近くの回答者は、スピードが800%以上向上したと回答しています。別のプラットフォームを使用した場合、3か月未満でアプリをデリバリーできたと答えた回答者は21%でした。一方、OutSystemsの導入後はその約3倍にあたる75%近くの回答者が3か月以内にアプリをデリバリーできています。

速さの理由


理由の1つがビジュアルモデリングです。ビジュアルエディタでのモデリングは、テキストエディタでの文字入力よりもすばやく行えます。しかし高速化の最大の要因は、抽象化による安定というアプローチです。OutSystemsでは開発・デリバリー環境が安定しているため、アプリケーションの開発およびデリバリーから、複数のプラットフォーム、連携、ライフサイクル管理、技術の変遷といった多数の不確定要素を排除することができます。たとえば、あるお客様が10年前にOutSystemsを使用し始めたときにはHTML5は存在していませんでしたが、登場した現在でも、OutSystemsを所有しているため変化に対応できています。