集中型IDプロバイダによるITチームの管理

目次

  1. 他のIDプロバイダでの認証
  2. 詳細

OutSystemsは、ITチームの管理用に、追加設定なしで使用できるIDプロバイダを3つサポートしています。

  • ビルトイン:OutSystemsはITユーザー情報をセキュアに保存します。ITユーザーの認証には、ビルトイン認証メカニズムを使用します。構成が必要ないため、すぐに使用を開始できます。.
  • Active Directory:ユーザーがOutSystemsのツールで認証しようとした場合、プラットフォームは認証をActive Directoryのドメインコントローラに委譲します。
  • LDAP: ユーザーがOutSystemsのツールで認証しようとした場合、プラットフォームは認証をActive Directoryのドメインコントローラに委譲します。

他のIDプロバイダでの認証


デフォルトでOutSystemsに含まれている認証プロバイダが組織のニーズに合わない場合、カスタム認証プロバイダを作成するか、既存の認証プロバイダをパーソナライズすることができます。

認証プロバイダの実態は通常のOutSystemsアプリケーションであり、 明確に定義された規約に従ってWebサービスとして実装されています。ITユーザーがOutSystemsツールにログインしようとした場合、プラットフォームはそのサービスを使用して、設定された認証プロバイダに認証を委譲します。

詳細


OutSystemsでの認証の詳細については、以下のリンクをご覧ください。