ローコード開発ガイド

ローコードは、企業のエンタープライズアプリケーションの開発方法を変革して、本当の意味でのイノベーションの実現を推進します。この完全ガイドでは、ローコードによって可能になることをご紹介します。

ローコードとは

ローコードは、最小限のハンドコーディングでアプリケーションをより高速に開発できるようにするソフトウェア開発アプローチです。

ローコードプラットフォームは、モデリングやグラフィックインターフェイスによりアプリケーションのビジュアル開発を可能にするツールです。ローコードを使用すると、ハンドコーディングの手間が減るため、アプリケーションを本番に移行するまでのプロセスを高速化することができます。

image

Gartnerは、2024年までにアプリケーション開発の65%以上でローコードが利用されるようになるとの見通しを示しています。また、コロナ禍への対応としてデジタルソリューションの開発が急務になっていることも、ローコードの導入に拍車を掛けています

この開発アプローチはなぜここまで普及してきているのでしょう。それを理解するには、ローコードの概念、ローコードプラットフォームの構成、そしてローコードで解決できる問題をしっかり押さえておくことが重要です。

ローコードプラットフォームとは

ローコードプラットフォームは、アプリケーションを視覚的に開発・デリバリーできるようにするためのツール群です。その中核となるのが、ドラッグ&ドロップ形式のインターフェイスです。

ローコードを使用すると、複雑なコードや構文を何千行も記述することなく、最新のユーザーインターフェイス、連携、データ、ロジックを備えた完全なアプリケーションをすばやく視覚的に開発できます。アプリケーションをより速く、最小限のハンドコーディングで開発できるのが特長です。この記事では、それ以外のローコードのメリットもご紹介します。

image

一般的なローコード開発プラットフォームは、
次のような構成になります。

ビジュアルIDE

アプリケーションのUI、ワークフロー、データモデルを視覚的に定義し、必要に応じて手作業でコードを追加するための環境です。

様々なバックエンドや
サービスへのコネクタ

データのストラクチャ、ストレージ、取得を自動的に処理します。

アプリケーションライフサイクル
マネージャ

テスト、ステージング、本番の各環境においてアプリケーションを開発、デバッグ、デプロイ、保守するための自動ツールです。

基本構成のほかは多種多様なローコードツール

90年代のFoxProのように、機能が限定的で、どちらかといえばビジュアルデータベースフロントエンドに似たものもあります。また、ケース管理など、ニッチなビジネスニーズに焦点を当てているツールもあります。一方、実際のアプリケーション開発とはほとんど関係のない専用ツールを「ローコード」と呼んでいるケースも見られます。紛らわしい用語として「ノーコードツール」というものもあります。これは、ビジネスユーザーやシチズンデベロッパーに利用されることが多いツールです。

ローコードで構築できるもの

様々な業界の大手企業が、革新的なソフトウェアソリューションを開発しています。ローコードが対応できるユースケースは、フィンテックソリューションから、アジャイルなワークプレイスの革新、大規模なレガシー移行プロジェクトまで多岐にわたります。

ローコードで解決できる問題

革新的なソリューションを提供するようにと、IT組織にかけられるプレッシャーは高まる一方です。しかし、スピードを求める市場の声に従来の開発手法で対応できる資金と人材を抱えているのは、ごく一部の大手企業に限られます。

ほとんどの企業は、バックログが積み上がり、有能なスタッフの雇用に苦慮する中、より少ないリソースでより多くの成果を出すよう、絶えず求められています。また、コロナ禍を通じて得られた教訓が1つあるとすれば、それは、ビジネスの存続には想定外の新たな要求に適応するための俊敏性が不可欠であるということです。

image
image

ローコードはソフトウェア開発の複雑さを劇的に軽減するため、このアプローチを採用した企業は、規模を問わず、開発者の生産性とスピードを高めることができます。アジャイルチームが高品質なWeb/モバイルアプリケーションを作成・保守するための専門知識を活かしながら新しいテクノロジーも取り入れることで、開発者の価値も高まります。

ローコードを使用すると、UI/UXデザイナーがフロントエンド開発を、バックエンド開発者が消費者向けアプリのプロトタイプ作成を行えるようになります。

端的に言えば、ローコードによって開発者ができることが増えるのです。ローコードを使用すると、反復作業にかける時間が減り、開発に多くの時間をかけられるようになります。流行りのJavaScriptフレームワークを習得したり、最先端のNoSQLデータストアを試したりするのもいいですが、不慣れなコードのデバッグに時間を取られている間に、競合他社が顧客にMVPを提示してしまうかもしれません。

ローコード開発の難易度

ローコードでのソフトウェア開発は、他の手法での開発と変わりません。

アセンブリ言語は別として、機械語ですべてを一から記述していないのであれば、開発者は先人の切り拓いた道をたどっているといえます。ローコードでのソフトウェア開発は、他の手法での開発と変わりません。

一般的なWebフレームワークによるアプリケーション開発と、ローコードによるアプリケーション開発を比較してみましょう。

従来のアプリケーション開発プロセスとローコード開発プロセスの比較

従来のアプリケーション開発プロセス

.NET MVC、Spring Boot、Ruby on Railsのいずれを使用していても、開発における作業手順はほぼ同じです。

ローコード開発プロセス

ローコードでは、以下のように簡略化されます。

ローコード開発プロセス - 16ステップから7ステップへ

Web/モバイルアプリのコードを手書きする作業の大半は、単調な反復作業です。新しいプロジェクトに着手するたびにこの作業を繰り返す必要がなくなったとしたらどうでしょう。ローコードでは、実績のある方法論に基づいてアプリケーションを視覚的に作成できます。価値あるものを世界に届けること。それがOutSystemsの目標です。