トレーニング
トレーニングコースやドキュメントを活用することで、OutSystemsを使用して優れたモバイル/Webアプリを開発できるようになります。

OutSystemsのアーキテクチャパターン

このコースでは、コアレイヤーおよびライブラリレイヤーの主なアーキテクチャパターンを分析し、説明します。また、より堅牢なアーキテクチャを構築するために使用できるパターンやベストプラクティスを確認します。

このコースを修了すると、以下のことができるようになります。

  • 拡張パターンを説明し、使用する
  • コネクタパターンを説明し、使用する
  • APIの適切な粒度を選択する
  • コアエンティティパターンを説明し、使用する
  • 外部コアサービス(ECS)パターンとそのバリエーションを説明する
  • 透明性サービスパターンを説明する
このコースでは、トレーニングの進捗管理、中断と再開、修了の証明を行うことができます。学習の準備は万全ですか?
このコースでは、トレーニングの進捗管理、中断と再開、修了の証明を行うことができます。