Ajaxと再利用可能なUI
演習: Webブロック

この演習では、以下を行います。

  1. 構成できる再利用可能なWebブロックを作成する
  2. 画面にWebブロックを追加する
  3. Webブロックでイベントを作成する
  4. (Webブロックで)適切なタイミングでイベントをトリガーする
  5. イベントに対する処理/反応を行うハンドラを画面に定義する



下のボタンをクリックすると、演習教材ZIPファイルをダウンロードできます。
このファイルには、演習ガイドのPDFなど、このセクションに必要なリソースがすべて含まれています。


このコースのサポートが必要な場合は、 フォーラムをご利用ください。 | トレーニングについてアイデアやご意見がありましたら、 こちらにお寄せください。