OutSystemsでのREST APIの公開
追加リソース

セキュリティ
REST Webサービスを公開する場合、データを保護するために何らかのセキュリティメカニズムを追加することが推奨されています。APIの認証レイヤーの作成の詳細については、以下のリンクをご覧ください。


エンドポイントURLのカスタマイズ

REST APIメソッドのURLをカスタマイズすることができます。これまでの演習で、URLを一般的な形式に合うようにカスタマイズしました。この機能の詳細については、こちらをご覧ください。


カスタムHTTPコード

一部のシナリオではカスタムHTTPコードを使用することもできます。手順については、こちらをご覧ください。


文書化

文書化

OutSystemsプラットフォームでは公開しているREST APIのドキュメントを生成することができますが、Markdown構文を使用してそれをさらに拡張することができます(詳細については、こちらをご覧ください)。

このコースのサポートが必要な場合は、 フォーラムをご利用ください。 | トレーニングについてアイデアやご意見がありましたら、 こちらにお寄せください。