演習
ブロック

この演習では、入力パラメータを使用し、イベントをトリガーするブロックの作成を重点的に取り上げます。これらのツールは、以下のシナリオで役立ちます。

  • ブロックを作成すると、より制御されたコンテキストで情報の表示方法に重点を置きやすくなります。

  • On Parameters Changedイベントを使用して、親がブロックの入力パラメータを変更するたびにブロックの情報を更新できます。

  • イベントを作成してトリガーすると、何かが発生したことを親に通知し、その内容に応じて親でイベントを処理することができます。

完了すると、入力パラメータとOn Parameters Changedイベントを使用し、イベントをトリガーするブロックを含む簡単なアプリケーションが完成します。


下のボタンをクリックすると、演習教材ZIPファイルをダウンロードできます(ログインが必要です)。
このファイルには、演習ガイドのPDFなど、このセクションに必要なリソースがすべて含まれています。

このコースのサポートが必要な場合は、 フォーラムをご利用ください。 | トレーニングについてアイデアやご意見がありましたら、 こちらにお寄せください。