トレーニング
OutSystems Universityへようこそ。この大学では、アプリ開発を学びながら仲間を作ることもできます。学費を気にすることなく卒業を目指しましょう。
OutSystemsを使用したアプリ開発の学習 
自分のやり方でOutSystemsを学習しましょう。ガイドに従うもよし。トレーニングコースを受講するもよし。ウェビナーやドキュメントを大いに活用してください。でも、あまり無理はしすぎないように。フロドがモルドールにたどり着くのにも、『ロード・オブ・ザ・リング』3作分も要したのですから。
 
Guided Path
OutSystemsを使用し始めて間もないユーザーには、OutSystemsのIDEについて学習し、レスポンシブWebアプリやモバイルアプリを構築するうえでGuided Pathが役に立つでしょう。

ダンブルドアがハリー・ポッターを導くように、ユーザーの皆様を導くのがこのプログラムの目的です。さあ、始めましょう。
Training Planner
アプリケーションによってトレーニング計画は異なるものです。
アプリケーションのニーズに基づいて独自のトレーニング計画を作成しましょう。
コース
特定のトピックについて課題がある場合は、OutSystesmが提供する豊富な短期集中コースをご覧ください。

多くのコースではOutSystemsのIDEの使用経験が必要になります。経験の浅いユーザーには Guided Path を用意しています。
クラスルーム
従来の方法で学習したい場合は、クラスルームでセッションを受講できます。世界各地でトレーニングを開催していますが、遠方のユーザーには個別のセッションも実施可能です。