OutSystems for

官公庁

地方自治体のデジタルトランスフォーメーションを実現

offgrid image
figure_0
figure_1
figure_2
figure_3
figure_4

行政のCIOは、市民が求めるペースでの技術革新への対応や、レガシーITインフラの管理に苦心しています。 そんな中、コストのかかる新規採用やアウトソーシングをせずに真のデジタルトランスフォーメーションを実現する方法があります。OutSystemsを使用したローコードアプリケーション開発により、包括的なデジタルトランスフォーメーションを成功に導くことができます。

魅力的な市民エクスペリエンスの提供: 市民向けポータルとセルフサービス

デジタルオペレーション: 非効率性の削減とアジリティの強化

デジタルコア: レガシーITインフラを最大限に活用・改良

オークランド市は、OutSystemsを使用して6か月で100万ドル(1億円以上)を削減しました。

魅力的な市民エクスペリエンスの提供: 市民向けポータルとセルフサービス

地方自治体は、セルフサービス機能や職員との新たなコンタクト方法を求める市民の声に応える必要があります。OutSystemsを使用すると、あらゆるチャネル(モバイル、チャットボット、Web、モバイルWebなど)で利用可能な市民向けポータルを、わずか数週間で開発できます。チャネルごとにアプリケーションを一から作成する必要はありません。

デジタルオペレーション: 非効率性の削減とアジリティの強化

いまだに多くのプロセスやサービスで、ITや運用チームの足かせとなる書類やポイントソリューションが使用されています。データの収集、登録、再入力に、多くの時間やコストを浪費しているケースもあります。OutSystemsを使用すると、運用を効率化し、データの精度を高め、従業員の満足の高いアプリケーションをわずか数週間で開発できます。

デジタルコア: レガシーITインフラを最大限に活用・改良

2017年のForresterレポートによると、地方自治体はIT総予算の20%近くをコアトランザクション処理の最新化と改良に投じています。低速で煩雑、さらにコストのかかるレガシーシステムが悩みの種となっている組織では、OutSystemsを導入することで、エンタープライズレベルのアプリ開発、連携、インフラにより、短期間での基幹システムをよみがえらせることができます。

OutSystemsが支援するデジタルトランスフォーメーションの実現 

OutSystemsは、GartnerForresterにローコード開発のリーダーとして認められています。多くの自治体でアプリケーションバックログの軽減、開発コストの削減、運用プロセスやワークフローの効率化を支援しています。

官公庁向けの関連リソース