将来的な変更への適応

OutSystemsは設立以来、将来的にも有効なアプリケーションを作成できるようにすることを中核的な目標としています。OutSystemsプラットフォームは、アプリケーションの依存関係を自動的に管理し、自己修復機能も備えたAI搭載の革新的な自動化レイヤーを中心に構築されています。そのため、変更時に問題が発生することがありません。また、プラットフォームが継続的に更新されるため、新しいインフラテクノロジーが出現してもアプリを書き換えることなくシームレスに実行できます。

ビジネスとともに進化するアプリケーション
アプリケーションを常に最新に
ランタイムを常に最新に
流動的なチームでも開発を継続

ビジネスとともに進化するアプリケーション

競合製品や経済状況、ディスラプションへの対応、あるいは新たな機会の獲得といったビジネス要件の変更に応じて、アプリケーションをすばやく適応させ、更新することができます。ビジュアルモデル駆動型のアプローチでワークフローロジック、UI、データアクセスを管理できるため、ほぼ瞬時に変更が完了します。AIを活用した自動での影響分析と依存関係分析によって、アプリケーションポートフォリオへの変更の反映も簡単に行うことができます。 

アプリケーションを常に最新に

  • 新しい機能を余計なストレスなく、すぐにアプリケーションに追加することが可能です。
  • IDEでドラッグ&ドロップして簡単に新しい機能を追加でき、ほとんど手間がかかりません。
  • OutSystemsのリポジトリから、最新のビルド済みコンポーネント、アプリケーション、コネクタをダウンロードできます。

     

「導入当初と比べ、現在のSalsa DNAは非常に優れたソリューションになっています。反復的な開発をすることでユーザーのニーズに対応でき、常にユーザーの支持を得られるようになりました。ビッグバン導入ではリスクが高く時間もかかり、ユーザーに負担がかかってしまいます」

Rui Oliveira氏

Salsa ITディレクター

ランタイムを常に最新に

  • アプリケーションだけでなくビジネスも、最新のクラウドインフラのイノベーションの恩恵を常に受けることができます。
  • 基盤となるインフラの抽象化、コード生成、独立したランタイムにより、テクノロジースタックの継続的なアップグレードが可能です。
  • パブリッククラウド、プライベートクラウド、オンプレミス、OutSystems Cloudのいずれでもアプリケーションを実行できます。

流動的なチームでも開発を継続

OutSystemsでは、チームの拡大やメンバーの交代があっても、開発済みのコードをすべて把握したうえで開発を継続できます。これにより、デッドコードの発生や影響を常に最小限にすることができます。

トレーニングパートナーを通じたトレーニングの提供により、OutSystemsは新たなテクノロジーに対応できる優れたチーム作りを支えます。

また、包括的なeラーニングを利用することで、あらゆる機能を備えた高品質なアプリケーションの構築方法を短期間で学習できます。

専用のトレーニングパスに沿ってスキルを高めることも、コースをパーソナライズして特定のアプリケーション作成に特化した知識を学習することもできます。

アプリ開発を高速化する方法の詳細