OutSystems for

リテール銀行

ローコードを活用してスムーズなデジタルバンキング体験を実現

リテール銀行の高成長と高利益率の部分の市場シェアをFinTechや技術的に進んだ企業が勝ち取っていく中で、貴行のデジタル戦略はどこに向かっていますか?

銀行で今日決断することが、これから数年先の競争力に大きく関わってきます。一つのアプリの開発や一つのプロセスをデジタル化することで満足してしまうかもしれませんが、それは氷山の一角です。パーソナイズされたオムニチャネル体験を提供することによって、銀行のデジタルトランスフォメーション戦略を顧客ライフサイクルの全体にマッチさせるべき時が来ています。その結果、顧客満足度を高め、顧客離脱率を削減し、顧客の利益率を高めることが可能となります。

OutSystemsを活用することによって、エンド・トゥ・エンドのデジタルトランスフォメーションを実現することができます。機能的に優れて、柔軟なローコードプラットフォームによって、販売している商品群をベースにした旧来の組織から、顧客にフォーカスしたエクスペリエンスを構築し、高い競争力を持った組織に進化できます。

OutSystemsのレポートをダウンロードして、どのように銀行を商品販売組織から顧客中心の組織へ移行できるかをお読みください。

顧客中心のデジタルエクスペリエンス

OutSystemsを活用することによって、新規と既存の顧客を増やすと共に、顧客ライフサイクルの5つのフェーズに沿ったソリューションを開発し、顧客のライフタイム価値を高めることができます。

 

フェーズ1:ディスカバリ

もしターゲットにしている顧客が貴行を検索できなかったり、またはウェブサイトへの初訪問で期待以下の経験をしてしまった場合、その次のアクションは意味がなくなってしまいます。デジタルエクスペリエンスをマーケティングオートメーションやCRMソリューションと連携することができる組み込まれた統合によって、ウェブサイトのリードフローをフィルタリングし、メトリックスをベースにリードのエンリッチメント、スコアリング、最適なアクションへの割り当てを行うことができます。

フェーズ2:エクスペリエンス

購入フェーズにおいて、OutSystemsは銀行が様々なプラットフォームでシームレスな顧客エクスペリエンスを構築することができ、店舗のみのオンボーディングから完全なデジタル体験に移行することができます。OutSystemsはいかなるサードパーティーシステムとの統合する機能と組み込まれたKnow Your Customer(KYC)ソリューションとの連携を提供しているので、銀行はWebとモバイルのユーザー認証をメッセージ、写真付き証明書、自動ID認証などを行うことができます。

フェーズ3:エンゲージメント

OutSystemsで開発できる顧客のセルフサービスポータルやモバイルアプリを使って顧客は自分の情報を閲覧・追加、取引を閲覧、支払いの実施、そして口座活動のアラートの設定と管理を行うことができます。

フェーズ4:サポート

サポートはどうですか?78%のリテール銀行の顧客がJ.D. Powersの調査にオンラインガイダンスが必要と回答していますが、実際12%だけが受けていると回答しています。OutSystemsのシングルコードベースとオープンAPIを活用することによって、24/7の顧客サポートアプリケーションを開発し、チャット、音声、チャットボット、モバイルアプリ、Webなどで対応でき、CRMと統合し顧客のレスポンス率を最大限に行うことが可能です。

フェーズ5:リテンション

AIを活用することによって、銀行は顧客離れを押さえ、顧客ロイヤルティを高める事ができます。OutSystemsのオープンAPIレイヤーで、IBM Watson、Google、AWSなどのAIソリューションとシームレスに繋がり、開発するアプリケーションに提供されるAI機能を統合することが簡単にできます。

「OutSystemsを使用することによって、開発時間を75%削減し、市場へのスピードを3倍以上に加速化することができました。開発プラットフォームに非常に満足しています。」

David Lightfoot,
VP of Product Management, FICO

OutSystemsを具体的にどのように活用すれば、貴行のニーズに対応できるのか?

OutSystems担当者にご連絡ください。

オペレーションに効率性と生産性を注入する

最近のForrester Researchの調査によると、銀行の35%が顧客が直面するフロントエンドにトランスフォメーションのイニシアチブをフォーカスしていると回答し、たったの8%がバックエンドの運用機能のデジタルトランスフォメーションを検討していると回答しました。しかし、バックエンドの運用は顧客が求めている正確性に非常に重要であり、銀行の競争力を高めるために必要なデータです。なぜこのような結果になるのでしょうか?それは、バックエンドの運用プロセスは開発が難しく、長期的な時間がかかる割には結果が低いとみられているからです。

OutSystemsでビジュアル開発を行うことによって、開発時間は1/10までに短縮できるため、銀行はデジタルオペレーションとバックエンドのソリューションを開発する余裕ができ、変化し続ける顧客と法的なニーズに継続的に対応することができます。さらに、ITチームはよりアジャイルになり、開発スピードを高めることができます。より早いフィードバックサイクルによって、より早い反復的なアップデートを実現できるので、デリバリー時間を短縮することができます。

ローコードを使って銀行システムのコアを再構築する

多くのリテール銀行では、コアのレガシー銀行システムから離れることは考えられません。そして、コアなレガシー銀行システムからデジタルプロセスへの移行を検討している銀行は、ビジネスに大きな影響を与える開発アプローチについて、いくつかの重要事項を決定する必要があります。OutSystemsを活用することによって、既存のコア銀行システムの機能を解放するか、または新しいより柔軟なアーキテクチャーの再プラットフォーム化を行うかの選択肢が初めて提供され、柔軟に選択することが可能となります。

OutSystemsでどのようにリテール銀行をサポートできるか

アプリケーション開発の現状レポート(銀行版)

 

OutSystems for デジタル銀行

リテール銀行でのデジタルトランフォメーションは一夜でできるものではありません

GartnerForresterにローコード開発のリーダーとして位置づけられたOutSystemsは多くの銀行のアプリケーションバックログを大幅に解消し 、開発コストの削減、運用プロセスとワークフローのストリームライン化などを行っています。貴行もぜひOutSystemsをご検討ください。

 

貴行のニーズにどのようにOutSystemsが具体的に対応できるか

OutSystems担当者にご連絡ください。

form is being loaded...
Thanks for your interest. We'll get back to you as soon as possible!