Webサービスとの連携

このコースでは、OutSystemsのRESTとSOAPを紹介します。また、外部WebサービスやAPIを公開・利用する方法を主に扱います。


学習内容

独自のREST APIやSOAP Webサービスを公開する方法のほか、既存のREST APIやSOAP Webサービスを利用する方法を学びます。

実践的な演習を通じて、外部システムのREST APIを利用したり、REST APIを公開して他のシステムで使用できるようにします。

最後のセクションでは、REST連携に関連する以下のようなユースケースについて学習します。

  • Google Sign-In(OAuth 2.0)をOutSystemsアプリケーションに組み込む方法に関する演習
  • JSON SerializeJSON Deserializeというロジックツールを使用してJSONデータを処理する方法に関するデモ
  • REST Webサービスの利用時に発生するエラーを処理する方法に関するデモ


必要な環境

Windows 7以降およびOutSystems Development Enviromentツールのバージョン11をインストールしたPCが必要です。また、OutSystems 11サーバー(またはPersonal Environment)へのアクセスが必要になります。


コースの評価とレビュー

並べ替え
Nice and Easy
4 10月 (13 日 前)
Thanks Team Outsystems
4 10月 (13 日 前)
I am new in Outsystems and its very helpful.
30 9月 (2 週間 前)
VERRY GOOD
30 9月 (2 週間 前)
Will there be another course for this in reactive web apps?
28 9月 (3 週間 前)
Showing 1-5 out of 108 reviews