リアクティブWebフォームの作成
バージョン :

このコースでは、リアクティブWeb画面のフォームを使用して、ユーザーがアプリでデータを追加したり変更したりできるようにする方法を紹介します。この初歩的なコースを修了すると、フォームを含む画面を作成してエンドユーザーがアプリケーションデータを操作できるようにする基本的な方法を身に付けることができます。

学習内容

フォームを使用して詳細画面を作成する方法と、エンドユーザーが入力したデータをアプリケーションに送信する方法を学びます。また、Input、Checkbox、Switch、Dropdown、Button Group、Label、Formなどの入力ウィジェットの使用方法をデモで学びます。

必要な環境

OutSystemsの開発環境として以下のツールが必要になります。

システム要件はこちらでご確認いただけます。 また、OutSystems 11サーバー、またはPersonal Environmentへのアクセスが必要になります。

開始する前に、

以下のコースを最初に学習することを推奨します。

コースの評価とレビュー

並べ替え
Thankyou OutSystem
今日
very good.
4 10月 (3 日 前)
very useful
3 10月 (4 日 前)
・DropDwonのデモにデータがなくて作成しても確かめれなかった
Uploadのデモ度ががの本後翻訳がなくて動きの動作でしか理解できず、同意意味での動きかがわからなかった
3 10月 (4 日 前)
Superb Course
28 9月 (9 日 前)
Showing 1-5 out of 323 reviews