OutSystemsのアーキテクチャパターン

このコースでは、コアレイヤーおよびライブラリレイヤーの主なアーキテクチャパターンを分析し、説明します。また、より堅牢なアーキテクチャを構築するために使用できるパターンやベストプラクティスを確認します。

このコースを修了すると、以下のことができるようになります。

  • 拡張パターンを説明し、使用する
  • コネクタパターンを説明し、使用する
  • APIの適切な粒度を選択する
  • コアエンティティパターンを説明し、使用する
  • 外部コアサービス(ECS)パターンとそのバリエーションを説明する
  • 透明性サービスパターンを説明する

コースの評価とレビュー

並べ替え
No quiz :(
26 7月 (3 週間 前)
well designed
17 7月 (4 週間 前)
Its was really good. But request to add some real time examples.
12 7月
it's better if you have example/scenario or exercises
11 7月
this course starts out talking about 3 layers for the canvas. but this lesson brings up a 4th layer of the canvas. although, once he describes it, it appears to just be part of the foundation layer.


also, the extension pattern he describes as being wrappers around external libraries, systems, or data. but then he describes the connector pattern as wrappers around the external systems with an additional wrapper to convert the external stuff to use in outsystems.
10 7月
Showing 1-5 out of 91 reviews