SAPにアジリティを提供

ローコードプラットフォームで
将来的にも有効なSAPシステムへと迅速に刷新

OutSystemsを使用してSAP投資の価値を向上

OutSystemsのローコードプラットフォームにより、運用の改善、革新的なユーザーエクスペリエンスの設計、SAPプロセスのカスタマイズ、S/4HANAへの移行を簡素化し、SAPの機能を最大限活用できるようになります。

OutSystemsを使用するメリット

運用効率の最大化

従業員が現場でリアルタイムにSAPにアクセスできるようにすることで、作業効率は大幅に改善されます。OutSystemsのローコード開発プラットフォームを使用すると、デバイスを問わず稼働する最適なアプリケーションによって、必要な時に必要な場所でSAPの機能を活用できます。

革新的なオムニチャネルエクスペリエンスの提供

SAPが提供するユーザーエクスペリエンスは優れているとは言えません。そこで、顧客とのエンゲージメントを高める他のソリューションを探すことになります。OutSystemsはSAPとシームレスに連携するため、顧客にとって使い勝手のよい新たなオムニチャネルエクスペリエンスをすばやく構築することができます。

将来的にも有効なSAP

SAPプロセスをカスタマイズした場合、アップグレードが懸念材料となります。OutSystemsでは、より低コストかつシンプルな方法でSAPの外でプロセスのカスタマイズが可能です。顧客の特殊なニーズにもすばやく対応することができます。

最小のリスクでS/4HANAへの移行を実現

2025年にレガシーSAPシステムの移行期限を迎える中、組織は難しい選択を迫られています。既存のSAPインスタンスにOutSystemsのレイヤーを加えることで、大規模な移行プロジェクトをフェーズ単位に分割し、完了を早めることができます。リスクはほとんどなく、エンドユーザーへの影響もありません。

OutSystemsのサポート内容

SAP認定のシステム連携

OutSystemsが提供するSAP用のコネクタを利用することで、SAPを活用するためのモバイル/Webアプリケーションを安心して構築することができます。これらのアプリとSAPの基幹システムとの連携は、SAPのエンジニアによって完全に認証されています。SAP側のすべてのバリデーションやセキュリティ設定は連携時に継承されます。

コーディングなしでアプリケーションを構築・連携

利用可能なSAP関数(BAPI)をOutSystemsのビジュアル開発環境にインポートし、お使いのアプリケーションのビジュアル連携ロジックですばやく使用することができます。アプリケーションは、クラウドまたはオンプレミスでパフォーマンス性と拡張性の高い環境にデプロイ可能です。また、監視と監査は自動化されています。

SAPのユーザーエクスペリエンスを強化

顧客向けに新たなチャネルを作成する場合も、従業員のニーズに対応する場合も、エンゲージメントとインタラクションを促進するユーザーフレンドリーかつ直感的なエクスペリエンスを提供する必要があります。OutSystemsでは、デバイスや場所を問わず稼働し、ユーザーのニーズに応えるデザイン性に優れたアプリケーションを作成できます。


ローコードプラットフォームで
将来的にも有効なシステムへと迅速に刷新