技術的負債を解消し、その先のビジネスへ

企業が技術的負債に投じる費用は今後10年間で5兆ドルに達する見込みです。しかし、技術的負債を管理することは可能です

レポートをダウンロード

このレポートでは、技術的負債への対応方法に関するインサイトを提供します。

4つのコア領域で技術的負債に対応

システムの最新化

以前のようなパフォーマンスを発揮できなくなったり、更新や保守が難しくなったりしたレガシーシステムは、ビジネスの成長の妨げとなります。変更を想定して構築したテクノロジーこうしたシステムを最新化することで、技術的負債から脱却できます。

詳細を見る

ワークプレイスの変革

直感的でないシステムを更新して、紙ベースのプロセスをデジタル化し、それらを1つのアプリケーションに統合しようとすると、実際には技術的負債を増やしてしまうことがあります。一貫した従業員エクスペリエンスを簡単に作成・更新できるようにすることで、既存の技術者のエンゲージメントを確保し、新しい人材の獲得につなげます。

詳細を見る

プロセスの自動化

サイロ化した部門間に硬直化したプロセスを構築しても、現場のユーザーが効率的に顧客へのサービス提供を行えるようなアプリケーションを作成したり、機能を追加したりすることはできません。柔軟なワークフローを効率的に構築できるプラットフォームを活用すると、絶え間なく変化する環境に対応可能な開発体制を整えることができます。

詳細を見る

カスタマーエクスペリエンスの向上

カスタマーエクスペリエンスの差別化を図るには、あらゆるタッチポイントでアプリ機能を充実させる必要があります。チャットボットやAIの追加にあたっては、長年にわたり蓄積された複雑なコードの解読を開発チームに求めるのではなく、開発や変更の高速化に必要な手段を提供するのが得策です。

詳細を見る

技術的負債を克服したユーザー企業

ビジネスの将来を見据えたOutSystemsプラットフォームをお試しください。

OutSystemsは、包括的なフルスタックのアプリケーション開発プラットフォームです。

image
ユーザー事例

マツダ、OutSystemsを活用してレガシー移行のコストを大幅削減

500を超えるレガシーシステムを抱えるマツダは、移行に伴う再構築に100億円規模のコストを見込んでいました。しかし、OutSystemsを使用することで1.5~5倍の開発生産性を実現し、コストも数分の1に大幅削減できる見込みです。

ウェビナー

SAPベースの企業がイノベーションを加速させる方法

SAPをコアシステムとして継続利用しながらデジタルトランスフォーメーションによってビジネスを最適化する方法をご紹介します。

image

OutSystemsプラットフォームを活用した最善のアプローチが見つかるよう、OutSystemsのエキスパートがサポートします。