顧客向けセルフサービスポータル

image

顧客向けセルフサービスポータルによって顧客満足度と顧客維持率を向上

OutSystemsを使用すると、従来の開発手法と比べてはるかに短期間で、パーソナライズされた高品質なセルフサービスポータルを作成し、さらにバックオフィスプロセスを自動化することができます。

直感的なポータルから必要な情報にすぐアクセスできるようにすることで、サービスコストを増やすことなく高い顧客満足度を維持できます。

 直感的で効率的なセルフサービスエクスペリエンスを提供するために

セルフサービスポータルを迅速に作成

高品質なリアクティブWebポータルと、タブレットやモバイル端末で実行できるコンパニオンアプリを構築できます。一般的なシナリオには、再利用やカスタマイズが可能なUIパターンや画面テンプレートを活用できます。また、多言語対応やアクセシビリティ対応により、あらゆるユーザーのニーズを満たします。

プロセスを自動化・効率化

ビルド済みのコネクタを利用して、コアシステムやバックオフィスをCRMやERPと連携できます。また、あらゆるシステムに対して、再利用可能なコネクタをすばやく作成することが可能です。社内システムや外部クラウドプロバイダのデータを簡単に取り込み、視覚的なワークフローやビジネスロジックを用いてすべてを調整できます。

変化する顧客ニーズに適応

アプリケーションライフサイクル全体の質を向上させるプラットフォームにより、カスタマーポータルを継続的に更新・改善することができます。ビジュアルデバッグ、自動テスト、ビルトインのセキュリティ/品質チェック、そしてAI支援による依存関係分析が可能なワンクリックデプロイを活用することで、継続的な更新が可能になります。

顧客向けセルフサービスポータルに関するユーザー事例

AXAは、セルフサービスアプリによって3,000以上のブローカー向けの請求追跡を簡素化しました。

AXAの事例を見る

ウースター州議会(WCC)は、OutSystemsを利用して市民向けデジタルセルフサービスを強化しました。

WCCの事例を見る

American Integrity Insurance(AII)は、セルフサービスポータルをリリースして電話対応件数と顧客対応時間を削減しました。

AIIの事例を見る

既存のリソースを活用してセルフサービスポータルを迅速に開発