優れたカスタマーエクスペリエンスで
フィールドサービスを変革

マルチチャネルフィールドサービスアプリをすばやく構築

顧客満足度、運用効率、サービス品質を向上させる
フィールドサービス管理アプリケーション

フィールドサービス管理を取り巻く状況は目まぐるしく変わっています。顧客にとって、ワンクリックで購入した商品をその日のうちに受け取ることは当たり前になっています。顧客はデバイスを問わず完璧なユーザーエクスペリエンスを求め、コールセンターのオペレーターやチャットボット、フィールドエンジニアとのやりとりを、顧客の希望するチャネルで行うことを期待しています。フィールドエンジニアが求めるのは、迅速かつ効率的に作業を行える直感的なアプリケーションです。OutSystemsを使用すると、1つのプラットフォームで顧客もエンジニアも満足させるカスタムマルチチャネルアプリケーションを数週間で構築することが可能です。


ビジネスリーダー向けのフィールドサービス

Download Solution Brief

ITリーダー向けのフィールドサービス

Download Solution Brief

あらゆるニーズに対応

顧客のニーズは常に変化しており、これに伴い、やりとりに必要となるチャネルやデバイスも変化しています。組織は変化のスピードに対応することが求められますが、多くの場合、市販のパッケージソリューションでは対応することができません。フィールドエンジニアや業者が求めるのは、シンプルで使いやすく、初回訪問で成果をあげられるソリューションです。

OutSystemsでは、プロセスが複雑な場合でも、デバイスやOSを問わず、あらゆるステークホルダ向けにマルチチャネルアプリケーションを数週間で構築できます。OutSystemsのローコードプラットフォームでアプリケーションを高速開発することで、次のことが可能になります。

  • 顧客のニーズにすばやく適応
  • 独自の競争優位性を確保
  • 顧客満足度を向上 
  • エンジニアの初回解決率を向上

運用効率を向上

組織はサービスマージンを効率的に確保しながら、高まり続ける顧客の期待に応えるというプレッシャーにさらされています。OutSystemsは効率的な手法を開拓することでビジネスを推進します。OutSystemsプラットフォームは、複数のシステムを1つのフィールドサービスポータルに統合し、紙ベースのプロセスを削減してサービス時間を短縮できるほか、SLAを継続的に達成し、さらにはエンジニアの満足度も高めることができます。

Vopak社はエンジニアのモバイル生産性を50%向上 

モバイル分散とオフライン環境

OutSystemsは、フィールドエンジニアに直感的かつ優れたユーザーエクスペリエンスを提供します。準備にかかる時間を短縮する一方で、サービスの提供に必要な情報はすべて揃えることができます。アプリケーションの機能を優先するために、ルックアンドフィールを犠牲にする必要はありません。オフライン機能のほか、署名キャプチャ、顔認識、音声のテキスト変換といったネイティブのデバイス機能も利用できます。すべてのエンジニアにおいてデータの透明性を確保し、効率的に運用することが可能です。

Americares社はフィールドサービスアプリのオフライン機能で災害救助を実現 

すばやく簡単に変更可能

変更を行う際に急場しのぎの手作業が発生したり、サービスにダウンタイムが発生するのは好ましくありません。OutSystemsで作成したフィールドサービスアプリケーションは、ビジネスの進化や顧客のニーズの変化に対応できるため、数時間で変更を適用し、再インストールなしでモバイルアプリを更新でき、BYODに頼る必要もありません。

Las Vegas市はアプリの変更と機能拡張コストを50%削減 

リアルタイムに情報を把握

迅速かつ正確な意思決定には重要データが必要となる一方で、顧客は完璧なサービスがすばやく提供されることを求めています。OutSystemsでは、リアルタイムデータをアプリに取り込み、顧客とチームの対応状況についての最新情報を把握できます。また、位置情報やデータ追跡、在庫量などを完全に可視化し、顧客のニーズに対応します。

Yak Access社は顧客のERPをモバイルに拡張することで、在庫の追跡や注文状況の提供を効率化 

Gartnerレポート: フィールドサービス管理アプリケーションの機能の6つのカテゴリおよびこれらの機能が必要な理由

OutSystemsが支援できること

スキルやリソース不足への対応

OutSystemsは、既存のチームに必要な最適なフィールドサービス管理ソリューションを提供します。 140以上ものUX/UIパターン、テンプレート、コントロールをデフォルトで利用でき、最初から設計・構築する必要がありません。デバイスを問わず、すべてのフォームファクタに単一のコードベースを実行します。

円滑な連携

OutSystemsでは、既存・新規のシステムとの連携が簡単です。カスタムコードを書く(または書き直す)ことなく、連携コネクタを構成するだけなので、より早く、かつエラーが発生しにくくなります。また、IoTやAI/機械学習機能をご利用のアプリケーションを追加することも可能です。

モバイルのスピードに対応

モバイルデバイスの画面やメニュー、ボタン、画面サイズなどは絶えず変化しており、モバイルアプリの開発には苦労はつきものです。しかし、OutSystemsではその心配は無用です。OutSystemsではモバイルの新しいOSにも定期的にサポートが追加されるため、変化のスピードに対応することができます。

OutSystemsが提供する高度なモバイル機能:

  • クロスプラットフォームのUIライブラリ
  • シームレスなエクスペリエンス
  • セキュアなオフライン機能
  • ネイティブデバイス機能やセンサー向けのビルト済みプラグイン
  • ネイティブSDK向けにカスタムプラグインを構築できる拡張可能なプラットフォーム

将来も継続的に使用可能

OutSystemsで構築したアプリケーションは、標準アーキテクチャや標準フレームワークに準拠しています。アプリケーションは、専有コンポーネントやランタイムエンジン、インタプリタを必要としません。新しいフィールドサービスアプリケーションは、完全にオープンで、標準化・最適化・文書化されたサーバーコンポーネントおよびクライアントコンポーネントとして生成されます。また、ユーザーは知的財産をそのまま所有することが可能です。

  • 「新たに構築したアプリでは検査にかかる時間が25%減り、オフィスに頻繁に戻る必要もなくなりました。また、現在実施している機能拡張のコストはOutSystemsの導入前に比べて半分以下になる見込みです」


    Las Vegas市開発サービスシステムマネージャー、Rick Virmani氏
    City of Las Vegas
  • 「OutSystemsプラットフォームを導入したことは当社にとって大きなメリットになっています。今では内製開発はすべてOutSystemsで行っています。開発者の生産性が高まり、スピーディに開発できるため、納期を守れるようになりました」


    YESCO社CIO、Warren Strong氏
    Yesco
  • 「開発が早くなっただけではありません。ワンクリックでのデプロイやパフォーマンス監視といったOutSystemsのDevOps機能のおかげで、更新や保守にかかるコストを削減できました。これはつまり、当社の競争力を維持するためのイノベーションにより投資できるということです」


    Total Produce社IT部門ディレクター、Tony O’Halloran氏
    Total Produce

    OutSystemsは、デジタルエクスペリエンスの構築においてGartnerとForresterにリーダーに位置付けられています。OutSystemsは、多くの企業のデジタルカスタマーエクスペリエンスの変革および顧客満足度と顧客ロイヤリティの向上を支援しています。

    Multiexperience Development Platforms (MXDP)

    レポートをダウンロード 

    Low-Code Development Platforms for App Dev Professionals

    レポートをダウンロード 

    Gartnerレポートをダウンロード

    フィールドサービス管理の6つのカテゴリ

    本Gartnerレポートは、フィールドサービス管理を通じてCRMとカスタマーエクスペリエンスの向上を目指すアプリケーション分野のリーダーを対象としています。

    本レポートをダウンロードすると、フィールドサービスにおける6つの主要機能のカテゴリをもとに、各カテゴリでどのように収益を向上できるのかを確認できます。

    Gartner report: The Six Categories of Field Service Management Application Functionality and Why You Need Them


    Get Your Copy

    form is being loaded...

    Here's The Gartner report: The Six Categories of Field Service Management Application Functionality and Why You Need Them

    Get the Report