クラウドアプリケーション開発の現状

クラウドネイティブ化に向けた企業の課題と実態に迫る分析レポート

Get Your Copy

Loading form
Submitting form

クラウドネイティブアプリケーション開発は、テクノロジー業界で今急成長しているトレンドのひとつです。 GartnerIDCは、2025年までにアプリケーションの90~95%がクラウドネイティブになると予測しています。しかし、「クラウドネイティブ」という言葉が一人歩きするようになり、そのメリットやビジネスへの影響がわかりづらくなっています。

そこでOutSystemsは、クラウドネイティブに対する組織の認識、懸念事項、導入計画を理解するため、全世界のITプロフェッショナルや開発者500人以上を対象とした調査を実施しました。このレポートでは、以下のようなトピックを扱います。

  • IT意思決定者のクラウドネイティブ開発に対する理解度
  • IT意思決定者の考えるクラウドネイティブの主なメリットと課題
  • 課題を解決して成果をあげるために有効な方法

企業におけるクラウドネイティブアプリケーション開発の実態や、OutSystemsをはじめとするローコードプラットフォームが戦略面で貢献する理由など、詳しくは「クラウドアプリケーション開発の現状(SoCAD)」レポートをダウンロードしてご覧ください。