Gartner Magic Quadrant for Enterprise Low-Code Application Platforms, 2020

「Gartnerは、中規模および大規模企業のうち50%以上が2023年までにLCAPを戦略的アプリケーションプラットフォームとして導入すると予測」

登録フォーム

form is being loaded...

OutSystemsが2020年の「Gartner Magic Quadrant for Enterprise Low-Code Application Platforms」のリーダーに位置付けられる

今日のデジタルファーストの世界では、アプリケーションの開発や拡張をすばやく効率的に行いながら、アプリケーションの技術的な堅牢性を保ち、急激な変革や新しいテクノロジーに対応する能力を持つことが、かつてないほど重要になっています。

従来の開発に依存する組織は次のような課題を抱えています。

  • 新しいデジタルサービスの実装による市場の変革への迅速な対応
  • 安全性が高く問題が発生しない、将来的にも有効で高機能なアプリケーションの提供
  • レガシーシステムのモダナイゼーションから最新のモバイルアプリケーションまでの幅広いユースケースの迅速な提供
  • 既存のアプリやサードパーティソリューションとの連携の拡大や強化に関するニーズの管理

Gartner Magic Quadrant for Enterprise Low-Code Application Platformsでは、革新的なアプリケーション開発プラットフォームのアプローチがこれらの課題にどのように対応できるかを明らかにしています。

ビジュアルモデリングに基づくアプリケーションプラットフォームでは、開発チームがアプリケーション開発を迅速かつ最適に、将来を見据えて実施できます。Gartnerではアプリケーションプラットフォームを、「ユーザーエクスペリエンス、ビジネスプロセス、ビジネスロジック、データの開発機能、デプロイ機能、実行機能を提供する製品または製品スイート」と定義しています1

組織のニーズに最適なアプリケーションプラットフォームの選択方法

市場では多くのベンダーが様々なアプリケーション開発オプションを提供しており、アプリケーション開発を迅速かつ最適に、将来を見据えて実施できることなど、様々な重要な考慮事項があります。

ビジネスニーズを満たすために必要な機能を提供するプラットフォームやOutSystemsがリーダーに位置付けられた理由の詳細については、2020 Gartner Magic Quadrant for Enterprise Low-Code Application Platformsをご覧ください。 

GartGartner, Inc.、「Magic Quadrant for Enterprise Low-Code Application Platforms」、2020年9月30日、Paul Vincent、Yefim Natis、Kimihiko Iijima、Jason Wong、Saikat Ray、Akash Jain、Adrian Leow。

免責事項
この図表は、Gartner, Inc.がリサーチの一部として公開したものであり、文書全体のコンテクストにおいて評価されるべきものです。オリジナルのガートナー・ドキュメントは、リクエストにより OutSystemsからご提供することが可能です。

ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高のレーティングまたはその他の評価を得たベンダーのみを選択するようにテクノロジーユーザーに助言するものではありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。 ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の責任を負うものではありません。