Gartner Magic Quadrant for Enterprise Low-Code Application Platforms, 2019

5年後にはアプリケーション開発の65%でローコードアプリケーションプラットフォーム(LCAP)が使用されるとGartnerが予測

レポートを入手

form is being loaded...

OutSystemsがGartner Magic Quadrant for Enterprise Low-Code Application Platformsでリーダーに選出

Gartnerは最新の「Magic Quadrant for Low-Code Application Platforms (LCAP)」レポートでアプリケーション開発プラットフォームの未来を展望し、ローコードこそが未来であると述べています。

それはなぜでしょうか。ソフトウェア開発の生産性は、他社との差別化やビジネスの俊敏性を実現するうえで極めて重要になっています。デジタルビジネスの台頭により、新たなコンテキストで新規・既存のプロセスを自動化し、迅速に変化できるソフトウェアの開発がますます求められているのです。

ローコードアプリケーションプラットフォームは、こうした生産性の課題や高まる期待に応えることができます。

では、200社ものベンダーがある中で、どのベンダーが最適かを判断するにはどうすればよいでしょうか。

Gartner Low-Code Application Platformレポートに掲載されたベンダー

Gartner Magic Quadrant for Low-Code Application Platformsに掲載されたのは200社のうち18社のみです。本レポートでは以下の理由により、OutSystemsをリーダーに選出しています。

  • 顧客の成功事例
  • 強力なビジョンおよびイノベーション
  • エンタープライズ向けのオムニチャネルのサポートおよび拡張性
  • 開発者のレベルを問わず開発能力を強化

詳細については本レポートをダウンロードしてください。

Gartner「Magic Quadrant for Enterprise Low-Code Application Platforms」Paul Vincent、Kimihiko Iijima、Mark Driver、Jason Wong、Yefim Natis(2019年8月8日)

免責事項
この図は調査ドキュメントの一部としてGartnerによって公表されたものであり 、ドキュメント全体のコンテキストにおいて評価されるべきものです 。本ドキュメントは OutSystemsを通じて入手可能です。

Gartnerは、Gartnerの出版物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高の評価や指定を受けたベンダーのみを選択するようユーザーに助言するものではありません。Gartnerの出版物は、同社の調査機関の見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。Gartnerは、明示または黙示を問わず、本調査の商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。