The Speed of Change

苦境を乗り越えるためのアプリケーション開発の優先事項
金融サービス編 2020

登録フォーム

form is being loaded...

共同提供:   

コロナ禍によるディスラプションが銀行や金融サービス業に多大な影響を及ぼしています。KPMGの調査で、金融サービス業界のリーダーが様々な課題に直面していることが明らかになりました。収入予測の再設定や短期間でのコスト削減を行ってなんとかこの時期を切り抜けようとする一方で、危機的な状況下にある顧客にも寄り添おうとしているのです。KPMGは銀行や金融機関に対し、デジタルトランスフォーメーション計画を再検討して、新規アプリケーションなどのデジタルサービスやツールを増やし、顧客エクスペリエンスを向上させることを勧めています。ただし、生き残るには高速でのアプリ開発が必須となります。金融サービス企業にそれが可能でしょうか。 

OutSystemsが行ったアプリケーション開発の現状に関する調査では、様々な業界のなかでも特に銀行/金融業がどう対応しているかに着目しました。OutSystemsは今春、まさにパンデミックが始まった頃に、2,200名のITプロフェッショナルを対象にアンケート調査を実施しました。この調査では、各組織が変化にどの程度迅速に対応できているのか、足かせとなっているアプリケーション開発の課題は何か、変化への対応力が高い(または低い)要因は何かといったトピックを扱いました。今回、金融サービス企業から得られた回答を分析して、OutSystemsの見解とKPMGのインサイトを新たに盛り込んだ「The Speed of Change: 苦境を乗り越えるためのアプリケーション開発の優先事項(金融サービス編 2020)」を作成しました。

レポートをダウンロードすると、金融サービス企業がいかにデジタル化の優先事項を切り替え、開発担当者の新規採用という課題に取り組みながら、アプリケーションに対する継続的に高い要求に対応しているかをご覧いただけます。アプリケーション開発を高速化し、成果を上げている企業を把握できるだけでなく、スピードと適応力において他社をリードするためのヒントが得られるはずです。