OutSystemsによる技術的負債への対応

テクニカルホワイトペーパー

登録フォーム

form is being loaded...

OutSystemsアプリケーションは、標準アーキテクチャや標準フレームワークに準拠しているため、専用のコンポーネント、ランタイムエンジン、インタープリタを必要としません。そのため、開発を始める前から技術的負債の発生を効果的に抑えることができます。

開発者が新しいコードを書いたり、既存のコードに変更を加えたりすると、それがどのように影響するかをOutSystems TrueChange™が即座にフィードバックします。可能な場合、自動的に修正が適用されます。場合によっては、エラーの発生箇所へのリンクと推奨される修正方法が示されます。OutSystemsのアプリは、正しく機能しない限りパブリッシュできません。だからこそ、コンパイル時にエラーが発生しないのです。

ただし、正しく機能することと効率よく機能することは同義ではありません。場当たり的なソリューションを作成することで、当面の問題は解決できるかもしれませんが、保守が難しく変更にコストがかかるアプリは技術的負債となります。OutSystems Architecture Dashboardは、アプリを大局的に分析し、改善すべき部分を指摘することで、アプリの拡張を促進します。