Insurance Portal

  • OutSystemsの保険計算ツールアクセラレータを活用
  • ワンクリックでアプリをパブリッシュ
  • 自社のデータやシステムと直接連携
  • 本番用の自社向け保険ポータルも開発可能
offgrid image

このInsurance Portalテンプレートについて

保険見積もりツールは、新しい商品や法令が登場するたびに変更を迫られるものです。

OutSystemsを使用して開発すると、ビジネスニーズの変化に即座に対応し、新しいバージョンをより迅速に本番稼働できるようになります。また、バグを減らし、継続的な保守作業を最小限に抑えることもできます。

開発に使用するアクセラレータ:

保険計算ツール

このテンプレートの使用手順

1

Service Studioが起動したら、アカウント作成時に選択したユーザー名とパスワードを入力します。この情報でOutSystemsの個人開発環境にログインします。

2

Insurance Portalテンプレートが開き、これから行う作業の概要を示す動画が始まります。

3

紹介動画が終了すると、対話式のチュートリアルが立ち上がり、保険ポータル作成の序盤の手順をガイドします。

4

このチュートリアルは、OutSystemsによって拡張性の高いエンタープライズレベルのソフトウェアを迅速に開発できることを簡単に紹介する入門編です。OutSystemsのトライアルにご登録いただいたこの機会に、ぜひOutSystemsの多彩な機能をお試しください。

作業内容:

シンプルな保険計算ツールの設定

所要時間:

約5分

必要なもの:
  • OutSystemsアカウント(無償)
  • Service Studio(OutSystemsのIDE。Windowsが必要)

トライアルを開始する方法

まず、OutSystemsアカウント(無償)を作成します。次に、以下の操作を行います。

  • OutSystemsのIDEであるService Studioをダウンロードします。
  • ブラウザが、「Platform Home」というページ(ご利用のOutSystemsアカウントのダッシュボード)にリダイレクトされます。

注記: OutSystems Cloud環境の設定には数分かかる場合があります。Platform Homeから準備完了の通知が届くと、Service Studioを開けるようになります。