クラウドとクラウドネイティブの比較: クラウドネイティブ化というパラダイムシフトの考察

登録フォーム

form is being loaded...

デジタル経済が進む今、新しい機能やより高度なエクスペリエンスを求めるビジネス部門や顧客の声に応えるには、ソフトウェアでビジネスニーズを満たす方法にパラダイムシフトを起こす必要があります。事実、こうした期待にうまく応えている企業の多くは、クラウドネイティブへの移行を完了させているか、実行中です。

クラウドネイティブに移行した企業では、ビジネステクノロジーの多くの側面で変革がもたらされます。この新しいアプローチは、企業がソフトウェア資産を大規模に作成、デプロイ、活用する方法を根底から覆すパラダイムシフトなのです。

このホワイトペーパーでは、クラウドネイティブの次のような側面を取り上げます。

  • クラウドコンピューティングや、単なるKubernetesの導入との違い
  • コーディング、ソフトウェアのデプロイ、運用、連携、アーキテクチャ、セキュリティなどに対するアプローチの変化
  • アプリケーションの本質的な部分の変化
  • ローコードプラットフォームによる簡素化