hero left

Corporate Oneの信用組合のビジネス融資を専門とするLucroは、OutSystemsを使用して革新的な融資ソリューションを実装

高度な構成が可能な ビジネス融資プラットフォーム
セキュアなクラウド環境 OutSystems Sentry - SOC2 Type II準拠
hero logo
hero right
hero logo
hero right

フィンテックパートナーが競合他社により買収されたことにより、Lucroの電子融資戦略は混乱に陥りました。突然必要になった新しいテクロジーソリューションを開発するか購入するかが問題になりました。Lucroは引き続きサードパーティに依存して弱みを抱えるのをやめ、独自のソリューションを開発することにしました。

OutSystemsパートナーのTruewindとの3週間のディスカバリフェーズを経て、高度な構成が可能な、まったく新しいビジネス融資プラットフォームをわずか15週間で実装しました。現在Lucroは、信用組合やCUSOが事務処理を減らし、プロセスを高速化し、エンドカスタマーエクスペリエンスを向上させることで、ビジネス融資の収益性を高められるようにサポートしています。

  • ケース管理
  • 業務効率の向上
offgrid image

「高速なビジュアルプロトタイプアプローチがビジネス要件の具体化に有効であることがわかりました。事前にしっかりと準備していましたが、ビジュアルプロトタイプによって作成された要件は驚くほど具体的でした」

Jim Gallagher氏 Lucro 創設者兼CEO
課題

ピンチに陥ったプラットフォームの救出

Lucro Commercial Solutions(「Lucro」)は2003年に設立された信用組合サービスを専門とする組織で、現在はCorporate One Federal Credit Unionが完全所有しています。Lucroのミッションは、信用組合がビジネス融資による収益を最大化できるようにサポートすることです。

商業融資の引き受けと文書化サービスを長年提供してきたLucroは、3年前、信用組合のクライアントがビジネス顧客に対してセルフサービス方式の融資申請手続きを提供できるデジタルサービスプラットフォームを立ち上げました。

「Digital Business Lending Centerは、まったく新しいプラットフォームです。大小を問わず多くの信用組合から非常に大きな関心が寄せられています。それぞれの要件に応じてすばやくプラットフォームを構成できる様子を見せると、見込み客はとても感心していました」

Jim Gallagher氏 Lucro 創設者兼CEO

このサービスは、フィンテックパートナーが提供するサードパーティ製ソフトウェアに依存していました。2019年1月、何の前触れもなく、競合する金融サービス組織にこのパートナーが買収されました。買収する側の企業がLucroとの提携の打ち切りを決定したため、Lucroはビジネス融資アプリケーションをわずか9か月で入れ替えるか、デジタルサービスを停止する必要がありました。

Lucroの創設者兼CEOであるJim Gallagher氏はピンチはチャンスであると捉え、次のように述べています。「既製の融資ソリューションの問題点は、Lucroのようなホールセール業者ではなく単独の融資業者向けに設計されている点です。私たちは今回のピンチのおかげで、何百もの信用組合や他のCUSOに合わせて経済的に提供できるデジタル融資サービスを生み出せるかどうかを確かめることができました」。 

offgrid image
LucroがOutSystemsを選択した理由:
  • エンタープライズレベルの拡張性とセキュリティ
  • 強力な連携
  • 実績のあるパートナーコミュニティ
ソリューション

調達ではなく内製によって高度な構成が可能なソリューションを実現

多くの既製のサービスとしてのソフトウェア(SaaS)を調査した後、Lucroは独自のデジタル融資サービスを開発する必要があると結論づけました。

「複数の信用組合に合わせたソリューションを提供するには、柔軟に構成できるサービスを開発するしかありませんでした。また、ソフトウェアベンダーの倒産、買収、方針変換のリスクにさらされることがなくなり、運命を自らコントロールできるようになります」

Jim Gallagher氏 Lucro 創設者兼CEO

LucroにOutSystemsを紹介したCorporate Oneもまた、OutSystemsのローコードアプリケーション開発プラットフォームを使用しています。この紹介の後、すぐにTruewindとの3週間のディスカバリ演習が実施されました。Truewindは、顧客によるアジャイル開発とデジタル設計の導入を通じてOutSystemsのデリバリーを高速化することを専門とするOutSystemsの上級コンサルティングパートナーです。

プロジェクトチームには、Jim Gallagher氏(CEO)、Cori Schmidt-Zdrazil氏(Lucro COO)、Heather Bosenko氏(Lucro Business Lending Centerプロダクトオーナー)が参加しました。Lucroはアジャイルによる製品開発の経験が乏しく、また、社内にアプリケーション開発専任のリソースがないため、Truewindから、技術的なノウハウ、アジャイルによる製品管理に関するコーチング、デジタルエクスペリエンス設計に関するコンサルティングの提供を受けることが極めて重要でした。Truewindは、十分な経験を積んだOutSystemsチーム(専任マネージャー1人、テックリード1人、OutSystems開発者3人、フロントエンド開発者1人、テスター1人)をプロジェクトに派遣しました。

「プラットフォームが確実にピンチを迎えた状況下で、私たちはこのプロジェクトに全力を注ぎました」と、Jim Gallagher氏は述べています。TruewindのCEOであるJoão Campos氏は次のように述べています。「両社のリーダーがプロジェクトに開始当初から参加し、Lucroにとってプロジェクトが重要であることを明確にし、Lucroのチーム全員がエネルギーと熱意を注いだ結果、連携が順調に進み、大きな成功を収めることができました」。

Lucroチームは、Truewindのオフィスで実施された3週間にわたるディスカバリ演習の2週目に、集中的な製品エンビジョニングワークショップに取り組むことにしました。このワークショップには、日々の業務を離れて気分転換し、Truewindのデジタルエクスペリエンスチームと直接交流する時間を増やすことができるという2つのメリットがあります。「高速なビジュアルプロトタイプアプローチがビジネス要件の具体化に有効であることがわかりました。事前にしっかりと準備していましたが、ビジュアルプロトタイプによって作成された要件は驚くほど具体的でした」と、Jim Gallagher氏は述べています。

offgrid image
Partner

Truewind

Truewind is a well-established global solutions provider and a leading OutSystems Partner. We are specialized in guiding and accelerating our customers’ journey through their agile...

Learn more about Truewind
成果

Lucro Business Lending Centerによる将来の収益性の向上

Lucroは、わずか15週間後にDigital Business Lending Centerの稼働を新たに開始することができました。Jim Gallagher氏は、Lucroはこのプラットフォームのおかげで、信用組合融資市場の競争で非常に優位に立てると述べています。「Digital Business Lending Centerは、まったく新しいプラットフォームです。既存顧客への提供にとどまらず、大小を問わず幅広い信用組合から非常に大きな関心が寄せられています。それぞれの要件に応じてすばやくプラットフォームを構成できる様子を見せると、見込み客はとても感心していました」。

信用組合のブランド、融資基準、製品詳細に合わせて、サービスを完全にカスタマイズすることができます。信用組合とその顧客には、以下のような大きなメリットがあります。

  • ユーザーが10分未満で融資申請を完了できます。
  • 効率的なセルフサービス方式のプロセスにより、申請者はブラウザ、スマートフォン、タブレットから24時間365日アクセスすることができて便利です。
  • 必要な文書をすべてアップロードできるため、申請者が信用組合のオフィスに行く必要がありません。
  • 幅広いサードパーティの信用調査機関と提携しているため、簡単な融資は原則として数分以内で契約できます。
  • クレジットメモがシステムにより生成され、信用組合の規制要件を完全に満たすことができます。

そのほか、SharePointとの連携機能があり、アップロードされた申請者の文書がすべて自動的にセキュアなリポジトリに格納されるため、ファイルを手動で管理する作業は不要です。PLAIDとも連携しており、申請者が(選択した)返済能力の証拠として、直接銀行口座の残高、支出、預金などを簡単に示すことができます。

「重要なビジネスシステムと顧客データの安全が確保され、数百もの信用組合と数百万人に及ぶその顧客に応じてテクノロジープラットフォームを拡張できるため、安心して眠れるようになりました」

Jim Gallagher氏 Lucro 創設者兼CEO

さらにJim Gallagher氏は、このソリューションについて次のように述べています。「うれしいことに、このソリューションは将来を見据えて開発されています。競合他社には、このようなソリューションはありません。マルチテナント方式に対応しているため、1つのプラットフォーム上で完全にセキュアなビジネス融資ポータルを個別に構成することができ、信用組合ごとに独自のブランド、製品、融資パラメータを設定することが可能です。別々のシステムを立ち上げたり、別々のシステムライセンスを取得したりせずにこれを実現できるのは、私たちにとって画期的なことです」。

 

Digital Business Lending Centerは、あらゆる規模の信用組合に適用できます。小規模な信用組合では、専任の販売員を雇用することなく収益性の高いビジネス融資部門に参入できます。複数のオフィスを構え、融資アドバイザーがいる大規模な信用組合では、複雑で高額な融資業務にアドバイザーを集中させることができ、低額融資を必要とする顧客はセルフサービス方式で簡単に申請を行い、短時間で融資決定を受けることができます。

セキュリティおよびリスク管理認証による安心

Lucroは、機能強化されたOutSystemsのクラウドサービスである「Sentry」を使用することにしました。このサービスでは、OutSystemsのすべてのメリットに加え、SOC2 Type IIに準拠したローコードクラウドプラットフォームのセキュリティ、リスク管理、監視機能が提供されます。Jim Gallagher氏は次のように述べています。「重要なビジネスシステムと顧客データの安全が確保され、数百もの信用組合と数百万人に及ぶその顧客に応じてテクノロジープラットフォームを拡張できるため、安心して眠れるようになりました。また、バックオフィスのプロセスが効率化されるため、信用組合の数や貸付高がさらに増加しても、人員を増やすことなく拡張に対応できます」。

ローコードを活用することで、システムの調整や機能強化をすばやく行える点も重要です。Lucro/Truewind/OutSystemsの提携の成功を受け、Lucroでは不動産などのより複雑な融資に対応するようにソリューションを拡張することをすでに検討しています。

関連コンテンツ
JTC Americas Solves Scalability Challenges With OutSystems

With OutSystems, JTC Americas added 50 percent more functionality to their eSTAC platform, replaced several legacy spreadsheets with a new solution that simplifies data entry on the front-end, and significantly improved back-end tracking and reporting processes.

thinkmoneyは、顧客中心のDX推進にOutSystemsを活用

thinkmoneyがOutSystemsを使用してデジタルトランスフォーメーションを推進し、モバイルバンキングアプリなどの顧客向けアプリを14週間で構築した方法をご確認ください。

OutSystemsデモをリクエストする

チームがビジネスとともに進化する重要なアプリケーションを迅速に作成および展開する方法を直接ご覧ください。