OutSystems for
ビジネスプロセス管理

ビジネスプロセスを自動化して最適化

offgrid image

業務を効率化して生産性を向上

プロセスはビジネスの中核となるものです。この中核が最適なレベルで機能していないと、組織全体の目標達成を期待できません。そこで、ビジネスプロセス管理、つまりビジネスプロセスを設計、実行、管理、最適化するプラクティスが必要となります。こうしたデジタルの視点をオペレーションに適用することで、迅速に最大の速度と効率でビジネスプロセスを実行できるようになります。

ビジネスへの実装を加速
顧客中心の構築
プロセスを継続的に改善

「Mercy Shipsでは、グローバル規模でボランティアの募集を行っています。募集プロセスをエンドツーエンドでデジタル化したことで、応募者に第一印象で好感を持ってもらい、採用担当者にとっても時間と労力の削減になりました」

Heather Peterson氏

Mercy Ships 人材獲得部門シニアディレクター

ビジネスへの実装を加速

ローコードを使用すると、従来の開発手法と比較して10倍のスピードでデジタルプロセスを作成してビジネスに実装できます。数か月や数年単位ではなく、数日単位でプロセスを構築して使用できるようになります。

顧客中心の構築

実際の顧客ニーズに対応する顧客中心のプロセスを構築することで、競合他社との差別化を図ります。社内のサイロやツールによってカスタマーエクスペリエンスが影響を受けないようにします。

プロセスを継続的に改善

イノベーションとは、常に現状を改善していくことを意味します。OutSystemsでは、新しいビジネスプロセスとビジネスモデルによるテスト、測定、実験が可能であり、実行可能な最小限のプロセスを簡単に作成し、継続的な改善に役立つ洞察を得ることができます。

OutSystemsが支援できること

監査証跡

透明性を確保し、説明責任を明確にするために、プロセスの完全な監査証跡を記録し、表示することができます。

自動受信トレイ

トレーニングや作業をしやすくするために、OutSystemsの任意のアプリケーションやプロセスに対して受信トレイを有効にできます。

イベント処理

各ワークフロー内のビジネスルールに関連するイベント、またはワークフロー間で共有されるイベントを登録します。

拡張可能なプロセス分析

プロセス分析が実装されており、独自のビジネスプロセスやデータに合わせて簡単にカスタマイズできます。

視覚的な言語

OutSystemsでは、ビジネスプロセス機能(BPT)アドオンによる視覚的なマッピングを使用した設計が可能です。

作業のルーティングと割り当て

ロールやグループごとに、またはその他の属性で作業を割り当て、最初から適所で作業を処理できます。

連携

OutSystemsのオープンAPIレイヤーにより、社内外のデータやシステムを連携しやすくなります。

再利用

一元管理されたソースまたは他の既存プロセスからビジネスロジックを再利用するプロセスを設計できます。

ビジネスプロセス管理向けの関連リソース

物流ソリューションを構築し、10倍以上の収益増加を達成したBurton

アウトドアの楽しみ方にイノベーションと変化をもたらし続けるため、Burtonでは物流オペレーションを見直す必要がありました。 BurtonはOutSystemsを使用して新しい物流ソリューションを構築し、収益を10倍に増加させました。

Vopakは、ERPベンダーロックインを回避して俊敏性を4倍向上

Vopakは、レガシー脱却を進めるための手段として、2015年にOutSystemsを導入しました。新しいターミナル管理システムにより、4倍の速さで自由にイノベーションを進められるようになりました。

Gartner Magic Quadrant for Multiexperience Development Platforms (MXDP)

「2021 Gartner Magic Quadrant for Multiexperience Platforms」ではマルチエクスペリエンス開発の主要なベンダーを評価しています。ビジネスにおいて次世代のデジタルエクスペリエンスを構築する方法をご覧ください。

OutSystemsで実現するビジネスプロセス管理