ダイナミックケース
マネジメント入門

登録フォーム

form is being loaded...

ダイナミックケースマネジメント(DCM)とは何でしょうか。また、どのようなユーザーが利用し、今後の業務に向けてどのように役立つのでしょうか。

現在、業務の性質はタスクベースからナレッジ主導へと変化しており、これに伴い、サポートプロセスも変えていくことが求められています。「ダイナミックケースマネジメント(DCM)」と呼ばれるプラクティスをより理解することで、組織は先進的な方法で業務の効率を高めることができます。このeブックでは次のようなトピックを扱います。

  • DCMの基本と、ビジネスプロセス管理(BPM)との関係
  • ワークフローのパターンと一般的なユースケース
  • DCMソフトウェアの対象ユーザー
  • ローコードとDCMの組み合わせが最適である理由
  • FICOやAmerican Integrityなどの企業が、ローコードで開発したDCMソリューションを利用して独自の課題を解決している方法
  • 大規模なデジタルトランスフォーメーション戦略の一環としてDCMを利用するタイミング

eブックをダウンロードのうえ、ぜひご活用ください。